5月28日

ウ2と三島へ。晴れ時々曇り、風ちょい強め、減水3m。2人ともオカツパリ。

減水3mとくればもうMに行くしかねえだろ。日曜日で他バスボーイとのバッティング回避も含め終日Mでタコ粘りプラン。そこそこ活性のある感じ。下流側に岸際を流していくとマイクロに反応が。ポーズ長めにしたら乗ったマメ。

全体的に遠浅の水位状態なのでニーブーツでは不利とみてウェーダーを車まで取りに戻る。5mくらい沖まで立ちこんでみるものの、ほとんどの足場がズブで危険が危ない。立ちこみプランは中止。

その頃、ウ2は上流側でマメを連発させつつ40upをラインブレイクで逃したらしい。レッグワームは不発気味な一方、禁断のサワムラバレットが釣れまくりの飲まれまくりのロストしまくりらしい。マメばかりで尺に届かずご不満の様子。

上流側に行ってみるとこちらの方が魚も多いし活性も高い。不発に思われたレッグワームもトゥイッチやホットケが効かないだけでタダ巻きだと反応ありポツポツとマメが釣れる。

風が吹き続け寒く感じたのでウェーダーを片付けつつ上着を取りに戻る。その移動で汗をかく。

夕方になるにつれ、見た感じの活性が落ちてきてる。マメも簡単には釣れなくなってる。そろそろ大型を狙った釣りを考えるか。クランク、レッグワームの放置、ミノーのロングポーズ等やるも効かず。ブレイク・ロープ・流木の重なるポイントにレッグワームを落とし込むとマメが食った。

1830、少し離れたブレイクの辺りで大きなボイルが発生。大型が動き出したか。全く連発しないボイルで極限まで細い可能性の糸だが、これしか頼るものがない。先ほどのマメポイントにマイクロを入れ、超ロングポーズで誘う。出た。いいサイズ。ドラグ出まくりで心拍上がるがアフターの魚なのでギリ耐えられる。寄せて口を掴むとデカい。やった。


49.5cm

中央に戻りウ2と合流。ウ2は下流側でどうにか尺を追加。最後に少しやるがマイクロにマメが出て終了1900。


シャク〜

久々にドラマチックな展開をやらかしてしまいました。今回釣ったポイントは以前フローターでもラストにアフターの大型を釣った場所で、時期だの雰囲気だのが近くてそこそこの確信を持ちつつのロングポーズ作戦でした。


撮りきれんけど、とんでもない色してました

遅くなったが遊歩へ駆け込む。ネギ担々麺+カツ丼のセットをオーダーするが、両方ともフルサイズで出てきた。殺す気か。全部食ったけどな。


ウ2さんのカレーらーめん+焼き肉丼は丼がハーフサイズだったのに




40up:49.5cm
竿頭:オメガ