8月3日

春頃からずっと仕事が忙しかったが最近は精神的に余裕ができてきた。その余裕を自転車方面に振ってしまって走り回ってたら釣りのいい時期を逃したっぽい。ギリ間に合うかもと期待して今年初(そして恐らくラスト)の朝パターンへ単独突撃。4時半開始、天気曇り、水温26-7度くらい、水位-2.8m。

いつもの場所からエントリ、ってボイルしてないやん。ウソやろ? 時間が経ってボイル増えるパターンかもと思ったが既にかなり明るいのでそれはない。まれに遠くでボイル音がするだけ。困った。

最強岬横からマメをマイクロで、続いて尺を釣る。線の釣りでは反応が弱く、着水後から数アクションの内に反応が集中する夏後半のパターンに突入している模様。

とりあえずBC前まで。入り口岬でもマメだの尺だのでサイズが出ない。B方面で何度かボイルがあったので行くが頻度が低く釣り方が見えてこない。ポツポツとマメ〜尺は釣れるので気は楽だがやはりサイズ出さないとな。そのためにもまずは今日のパターンを探そう。

少し戻って入り口岬から続くストレッチ。ここに新5cmペンシルことチャビーペンシルを入れ数回首振り後ポーズで放置してたら出た。これか? このストレッチで色々試した結果、着水→3回首振り→ポーズ→3回首振り→ポーズ→連続首振りの流れが最強と判明し、反応を得まくる。しかしサイズが伸びないので中央岬からの外周ストレッチを流すとやっと41cmが釣れた。


細め

島裏、A方面は不発。

最強岬に戻る。運良く岬でボイル発生。チャビペンを入れるも無視される。しかしもう一度、普通に投げて首振ってポーズ入れると出た尺バス。直後、背後でもボイルあり、同様に食わすことに成功。近くでボイルが発生してしまえば高確率で食わせられるので今回のメソッドの正解率は高めっぽい。

検量台にチャビペンを入れたが弱いバイトで乗らず。居るのが分かったのでレッグワームで仕留めようと思ったが手元にセミルアーがあったのでそっちを投げてみる。台ビッタリにセミが落ち、2アクションでバイト。食い方は弱かったがいいサイズ。ヤバめの気配があったので速攻で確保。ルアーが完全に口にインしておりラインが危なかった。45cm。


太め

ラストはエントリポイント。しかし風もなく弱め。ムキになって長くやると後半のダレ具合が強くなるのでサクっと流してセミで尺釣って10時アガリ。

結果は45、41cmと山ほどの尺とマメ。甘くて厳しい朝パターンを期待して行ったけどもう終わってるっぽい。釣果的には寂しいけど数釣りできたので辛さはない。むしろチャビペンのパターンを見つけていく行程が楽しかった。

諸事情によりエントリが厳しめ。こんななら30分早めてダムサイトから入った方のがいいな(来年以後)。

前の日はそこそこ寝れたし帰宅後に1h弱寝てその後はスッキリと仕事。でも本当に辛いのは翌日。何やってもどんだけ寝ても終日眠い。朝パターンの最大のデメリット。








40up:45、41cm
竿頭: