3月20日

2013年初釣り。単独。前日にラインを巻くも何故かテンション上がらず。「何かが足りない」という言葉が頭の中を回る。当日も起きたら11時半。gdgdしつつ13時半に覚悟を決めて行動開始。行けば「足りない」ものも見えてくるだろ。水温10度前後、満水、曇りのち雨、風あり。

15時半、三島の宿原から。ヘラ様のアガリ時間を狙ってきたのにまだ釣りしとる。立ちこめそうな場所は一カ所しかないのでそこへ入る。歩ける幅はなく、一点から放射状に投げるしかない。まずは今年新調したレアニウムci4+から。フロロ5lbを巻いているが昔感じたような不快感なしに操作できる。スナップなしのダウンショットをやるもノー感じ。

水面に小さいバスやギルが上がってきてる。ならマイクロか。アルデバランセットで投げると今年初なので軽くモモり。それを直して動かし始めるといきなり出た。小さいので寄せてペロンとあげる。今年初バス。


アケマシテオメデトウ

右方向で釣れたので続いて左に投げる。先ほどの再現とばかりにちょっと置いてじらしてから誘うとまた出た尺なし。

マイクロに飽きたのでワームに変更。カットテール3.5で右方向から面白いように釣りまくる。ただ風が止まるとバイトも止まる。そんなときはブレイクの下にカットテールを入れゆっくり誘い続けると突然コツンと食ってくるが、その食ってきた瞬間はもう風が吹き始めていたりする。

16時半までに8本釣るも最大が32cmと伸びないので移動。ところが同じ宿原のストレッチでヘラ様がいなくなった場所に入るも全然バイトがない。風が吹いても同じ。そいやヘラ様が抜けた後に入ってきたバスボーイも全然釣れてなかったな。


本日の最大

先ほどの狭い場所に戻る。レッグワームのノーシンカーで3トゥイッチで誘うとまた釣れた。時々バスがすっ飛んできて食うのでよほどマッチザベイトできてるのだろう。

更に一回場所移動するもノー感じでまた戻り、18時までに釣果を14枚まで伸ばし終了。

何回か話しかけてきた原チャリの人としばしおしゃべり。原チャリの人は見かけたバサー全員に釣果を聞いて回ったらしいが、釣れていたのはオメガだけだったらしい(原チャリの人もホゲったとのこと)。ということは、自分が最初に入った場所だけが正解だったということか。釣りまくってたときは「今日は誰が来ても釣れる甘い日だな」と思ってたが実際は違っていた。ヘラ様のお帰りがもう少し早かったら今日の釣果はなかったかも。

前日に感じていた足りないものの正体。
その1、あったら助かるかもしれない2軍ルアーの用意に気をとられ肝心の1軍ルアーがしっかり準備できてなかった。
その2.今年から使うことになった小物ケースを忘れた。おかげでワームフックがなく、偶然入ってたスプーン用の交換針で代用したが結果はコバスばかりなのでよかった。
その3、祝日で人は多いし現地の近況も分からんので行くのが躊躇われたが、状況がどうであれ勝負事は下駄をはくまで分からないのだから特攻すべしという精神。


針やシンカー類、スナップなどをまとめて収納

帰りは市原過ぎたら即渋滞という情報が。市原でメシ食って時間潰すか。ところが市原SAがGWかと思うくらいの大混雑。よかったな流行って。



40up:
竿頭: