6月28日

サザエを見つけるたびに買って食ってるオメガれすこんばんは58.8kg。



開発日誌

金曜日に御徒町で仕事。こないだやったmの仕事の結果が良好だったとの知らせを受ける。胃が痛くなるくらいニックの数に思い悩んだ甲斐があったもんだ。これでaに王手をかけられるか?



足立水産センター日誌

草加のショップでマツモを購入。だけどこれ、すんごい臭くて汚い水に入って売られてた。バケツに移して洗うが、マツモが即座にバラバラになっていく。たくさん入ってたけどある程度固まり感がある部分だけ救出し、残りは処分。きちんと洗ってからドジョウ水槽に放り込む。現在は非常にきれいな緑色をしてて良好ぽい。しっかり増えて水質を良好に保ってもらいたい。



江ブ研2ミニ更新。



6月25日

neo3期つまんねーオメガれすこんばんは58.4kg。



開発日誌

また別のとこからマイクロニックの実験依頼が。月曜日に型を御徒町でつくり(半分くらい自分がつくり、残りは社長さんに手伝ってもらった)、本日テストに立ち会う。ほぼ問題なし。いくつか新しいことも学べてた。じわりじわりと需要が高まっていけ。



足立水産センター日誌

二代目モスジャングル候補の流木を水面近くに置いていたら光量が強すぎて緑のコケが発生。エビはこのコケを食ってくれないから困る。現在光量を抑えて対処中。他、オオサンショウモの成長促進対策で水流をいじってみたりと細かい調整をやってるとキリがない。


どうしてもやりたくなるランプアイの流し目撮影



江ブ研2ミニ日誌

帰国後の釣行で現行金黒マイクロをラインブレイクでロスト。新たに購入するも、数本釣っただけでウエイトが中でゴロゴロいって死んだ。また買うのもアホらしいのでマイクロ再生大作戦を決行。

電動歯ブラシサイズの回転工具に0.7mmのドリルを取り付け、マイクロの土手っ腹に穴を開ける。反対側も。ウエイトがケツ側に寄ってるのを確認しつつ瞬間接着剤を穴から流し込むが、0.7mmの穴だと小さすぎて通りが悪いので穴を倍くらいに広げる。それでも入っていかない場合は反対側の穴から空気を吸い込むと、表の穴に表面張力で居座ってる瞬間接着剤が中に入っていく。充分に流し込んでラトルの固定を確認したら穴を瞬間接着剤で塞ぐ。裏は簡単に塞がるが、広げた表は簡単には塞がらない。ホチキスの針を3mmくらいに切ったのを2本差し込んで触媒のようにして瞬間接着剤で固めて塞ぐ。多めに盛ってパテのようにして塞ぐ。最後にドリルをダイヤモンドヤスリとパフに切り替えて削り→磨きとやって完成。


加工跡があまり目立たない

これでノンラトル、レギュラーより若干沈気味(水に浮かべての姿勢をチェック済)のマイクロが完成。こうなると過去に死んだマイクロも全部復活させたくなり部屋を漁るが1コしか出てこなかった。



6月22日

絶対に精密検査を受けるべきなオメガれすこんばんは58.4kg。



またも疲労で金曜日から歯痛・頭痛・消化困難のコンボ。

木曜日のお仕事がそんだけ自分にとってはハードだった訳で、金曜日は半分その休養に充てようと思ってたら会社から電話があり、新人君が指を切って縫わねばならないから仕事を代われと。この指を切った原因の半分はマイクロ型での面白遊びをそそのかした自分にもあるので文句は言えない。指は二針縫うことになったが、新人君は戻ってくるとすっかり仕事を続ける気なのでアパートに戻る。この時点でかなり頭痛が辛い感じ。土曜日はレーザー当番を11-16時まで。帰宅後、そばだけ食って寝て過ごす。

今日の夜になりやっと回復。ヤマモリの『タイカレー蟹と卵』を食し(シリーズ中最もユニークな味だけどいける)、デザートを買いに出たらサザエが半額だったので一つ買ってつぼ焼きにして食し(奥のグロいとこうめー!!!)、デザートにグレープフルーツ半分を食し、ドンタコス一袋をコーラでいただく。いきなり食い過ぎだろ。



足立水産センター日誌

ヒドジョウ一匹死亡。もうここんとこ死亡報告ラッシュやな。一応言い訳すると、今回死んじゃった個体はウチの水槽に来た時から既に尾ひれが潰れたような腐ったような不完全な状態な子で、成長も三匹の中でダントツに遅くて、沈むことすらできなくなった時期でもエサだけは食べてたので希望をつないでたんだけど、ダメでした。合掌。

他にもう一匹、ブラックネオンで来た時から尾ひれがない個体がいて(オヒレさんと呼んでる)、その人はやはり泳ぎにくそうだし他より一回り小さいんだけど元気にやってます。

ランプアイの尾ひれが白い個体を改めて探したけど、尾ひれのたわみ具合でそう見えてただけで完全に白いのが定着してる個体が発見されなかったので隔離は見送り。ついでに気合い入れて目視で15匹のカウントも敢行。

ミナミが4匹くらい卵を持ってる。これらが孵ると底さらいができないので今のうちにやっておけと週末に敢行。いつもの1.5倍の水を使って掃除したのでそれだけ水の入れ替えも多く、ブラックウォーターからかなりのクリアウォーターに。





現在の全景。通常は底に水草の絨毯をつくるんだろうけど、底物事情と照明の弱さの関係から流木を積み上げて一番上にモス流木を乗せている。これでプチ水草絨毯と、その上の魚という構図になる。



ステキdub情報はもらえないし自分で探してもいいのが見つからないのでoctavius聴いてます。ウヒョーサイコー!(^q^)ノ



6月19日

腸の具合がよくなくて栄養の吸収が若干でも阻害されていたのではないかと推測するオメガれすこんばんはでぶる用のプロテインをヨーグルトに混ぜて食うだけでしっかりと体重が増えてきてるのがそう考える理由58.6kg。



開発日誌

新人君から御徒町経由でsの仕事が来たと連絡あり、今日も御徒町。ところが行ってみるといつもの職人さんはいないしsの仕事はニックと関係ないらしく、自分らの早とちりらしかった。とっとと出て神田に寄り道してると御徒町から話があると連絡あり、急いで引き返す。なんと大本命のmの仕事をやるから曲げてくれと。しかも職人さん休みなので社長さん自らが刃を入れると。こりゃ大変だ。緊張しつつ仕事をこなす。大きな問題なく仕事を終え、会社に戻り報告。

ちょっと八方ふさがり状態だっただけに、今回の件は棚からぼたもち状態で、結果さえ出ればかなり前進できそう。どんな結果になりますやら。



足立水産センター日誌

ランプアイ絶好調と言った翌日にランプアイが落ちてれば世話がない。今朝になると一匹死んでいた。ほとんど何も前触れがなかったので凹んだが、何らかのサインを見逃していたのかもしれない。よく見ると残りの連中の中にも尾ひれが若干白くなってるのが居て、こりゃ隔離が必要ぽい。禅寺水槽に水を移し砂利を入れ、こんなこともあろうかと用意しておいた水作とエアホース用三つ又分岐を引っ張り出してセッティング。隔離水槽の準備はできたけど、肝心のランプアイを捕まえるのが流木だのをたくさん取り出さないと難しい。さすがに昼間の仕事の疲れがあるので続きの作業は明日に先送り。



半そで



6月18日

胃腸への負担が気になるオメガれすこんばんは59.2kg。



江ブ研2ミニ(仮)更新。



足立水産センター日誌

以前石巻貝とヤマトヌマエビと水作エイトMを投入した実家水槽がやっと見られる程度の状態に。間接であれ日光がさんさんと降り注ぐ場所なのでコケの量がすごい。そしてそんな環境で育つヤマトヌマエビはメガ宅水槽のと比較すると段違いで元気で活発。魚もピンピンに張りがあって美しい。やはり日光は偉大だ。それにしても30*30*40水槽に水作エイトMとエイトドライブのダブルろ過って贅沢かしら?


実家水槽、一時期は見れたもんではなかったでした

ランプアイ絶好調。安定してくると黄色みがさしてくると言われてるけど、どうやらうちのも黄色っぽくなってきたらしい。目ばかり見てしまいがちだが、意外と寸胴な尾ひれ近辺や、サイズの割に大きめなウロコ、身体の透明具合と、本体もけっこう見所あり。


よく食べてるのにあまり太りません。なんでだろ?



赤外線温度計面白いですよ。部屋の熱源探しとかにも使えます。デルの20インチモニタの画面の熱いとこで47度、裏の廃熱部分で40度、オーディオアンプ36度、DVDレコーダ30度、オーディオインターフェースの中(ヘッドフォンジャックに突っ込む感じで測定)42度とか。他にコーヒーやビールの温度を無駄に計ったり、水槽に入れる水が中の水とどれだけ温度差があるかチェックできたり、部屋の床と天井でどれくらい温度差があるか測定できたりと、実用と無駄とどちらでも便利です。



6月16日

つくった人のねばっこい何かが纏わりついているような音楽が好きなオメガれすこんばんはあくまで対象とは別なのに分かることがあるから不思議なのな58.6kg。



mac miniのHDDの残りが3GBくらい。でももう残量が切迫するたびに削ったり整理するの面倒。便利マシンは返しちゃったけどMacには起動ディスクをまんまコピーできちゃうプログラムがあるから問題ない。最近は2.5のHDDも安いらしいし、載せ替えるべ。

HDDを秋葉まで買いに行く。売場を前にしてmac miniがSATAだったかIDEだったか知らなくて困った。ネット喫茶に駆け込むまでもなく、ドスパラの店頭展示のマシンがネットにつながってるので調べるとintel mac miniはSATAらしい。WDの320GBのが11k、電源付きusb2.0-SATAのユニットが1780円。どっちも安い。

元のHDDは80GBで、データのコピーは2.5時間くらいで終わった。一旦外付けのHDDから起動させて問題ないか確認。reasonのみ起動時にパスワードの入力(シリアルではなくてログインアカウントのパスワード)を求められたが、他はほぼ問題なし。thinkpadでmac miniの分解方法のサイトを見ながらmac miniを開腹しHDDを交換。戻すと動くがCPUの温度がちょっと高くなり気味。逆にほんのり暖かかった本体のアルミ部分があまり暖かくない。先日届いたばかりの赤外線温度計で確認すると分解前が38度前後で、分解後は31度くらい。分解のためにヘラを差し込んで、それに細かいカスが付いてた訳だが、それが何か伝熱の役割をしていたか、粉になったそれらが間に溜って伝熱を妨げているのかが原因ぽい。でも使ってるうちに何故かCPU温度が以前と近いレベルまで下がってきた。何があったんだ?

削っていたiTunesのファイルをバックアップ先から戻す。現在6700曲32GB。



足立水産センター日誌

クイーン死去。土曜日、ドジョウ水槽のウィローモスの下に何かがあるので見るとクイーンが絶命していた。数日前から水作ドライブの上に居てばかりで、でもそれ以外は変わりもなかったので突然すぎてびっくり。前まで他のモエビを襲って食ってたっぽいが、生き残ったモエビは逃げるのがうまく、投入されるエサはドジョウと取り合いになりまとまった量を食えなかったのが原因か。

メイン水槽の浮き草をほとんど処分し水面の5%未満まで減らしたのに、一週間で水面の7割近くまで増えた。恐ろしや照明の力。水の浄化と、もし稚魚が生まれたときに速攻で食われないように浮き草を残す方針にした。水槽が暗い。



日曜日は実家へ。一応父の日ということで肉なんか焼いて食う。こないだの葬儀の件で、10日後くらいに先方から謝礼の話が出たと聞き、とりあえず溜飲が下がる。そのまま葬式の話になり、祖父が死んだときのこと、祖母のそれ、そして父が死んだらどうするか等の話。たまにこんな話も悪くない。



6月13日

58.0kgのオメガれすこんばんは単に出入りのバランスでこうなっただけで喜べる数値ではないです。



開発日誌

御徒町で新パーツを取り付けてテスト。スベリはほぼなし。大丈夫だろ。1時間ちょいで仕事を終える。



足立水産センター日誌

もう一匹のヒナハゼも今日落ちました。朝も普通にエサ食ってたけど、おかしいと言えばおかしくて、最近は水面近くをフラフラしてることが多かった。他の魚は全然元気なので死因がさっぱり不明。あまりに底物とかが増えすぎて、それらがウロウロしまくってるのがストレスだったのだろうか。残念なり。



つるさんがエビスレで人気。

くるくる回るマッドスキッパーに声を出して笑う。

大人の科学のふろくにアナログシンセが付いてくるのでこれは絶対買う。

赤外線温度計が1970円なので即買い。

腕時計を買おうと思ってるんだけど、オメガのような高級ブランドは必要なくて、安くて実用的ならそれでいいんだけど、casioの見てると電波時計機能とタフソーラー(勝手に充電機能)は欲しくなって、ついでに気圧かタイドグラフ・月齢が見れるとよくて、バンドが金属で、できればチタンで軽いといいなあとか見てるとそんなモデルないしあっても高いしでいつまでも決まらない。



6月12日

57.6kgのオメガれすこんばんは。



開発日誌

火曜日に御徒町でマシンに新しいパーツを取り付けるためにタップを切ったが、場所を間違えた。今以上に穴を開ける場所がないのでパーツ側の長穴をひろげることに。自分でやってみたがしんどくて無理。加工屋に出そう。今日、草加まで加工に出しにいくと、すぐ終わると予想してたのに2時間くらいかかると言われた。ならば仕方がない、どこかで時間を潰そう。二木の菓子草加店でお菓子を購入。ホームセンターで一通り見て回り魚を買う。アパートへ一旦戻る途中でハードオフに寄るとステキなテープレコーダを発見。ジャンクちゃんが1050円で再生は確認とのことなので購入。アパートに戻り、しばらくして引き取りに行こうと出ると社長から電話があり、もう引き取ってきたよと。会社へ出頭するも、もう御徒町へ行って作業するだけの時間がない(御徒町側の都合で)。あーこれで今日も仕事が終わるのか。何やってんだか。


これで昔のラジオ番組をmp3化したりデリのテープを聴いたりできます\(^o^)/



足立水産センター日誌

というわけでランプアイを気に入ったので(そして5匹とも落ちずに半月が過ぎたので)10匹追加購入したところ11匹入ってて合計で16匹に。これでウワモノが26匹に。過密になってきたけど大丈夫だろうか。もうどうにでもなれ\(^o^)/







6月11日

メガにゃんキターオメガれすこんばんは。



増量大作戦決行中。usaから帰国後、みんなにやつれてる言われ、一時的なものと思っていたが、最近になって太ももの内側の血管が若干浮いてきて危機感を覚え、しっかりと増量を決意。とりあえずウエイトアップ用のプロテインを摂取。他、食欲不振でもなるべくしっかり食べる、胃や口の状態をなるたけ良好に保つ、可能な限りここで体重を報告等が当面の活動。ちなみに今夜は57.2kg。でぶるぞう。



足立水産センター日誌

半月なのに朝からミナミヌマエビが暴れまくり。釣り行って帰ってきたらメスが卵持ってた。増えれ。

シマヨシノボリをドジョウ水槽へ移動。巨大なドジョウたちに揉まれて無事にやっていけるか心配だったが、むしろ前よりか元気な感じ。他のハゼ類がいて縄張りを意識しなきゃいけなかったのが消え、自由に水槽内を動き回り、活発に冷凍赤虫を食ってる。その食う姿が何ともたまらん。

ドジョウたちもここ最近になってやっとリラックスしてきた様子。今の水槽になってからもう長いけど、しばらくの間は以前の動画のように悠々と泳ぎ回る感じではなかった。最近になってようやく泳ぎまくる姿を見せてくれるようになった。フロッグピットを大量に入れたのが効いたのか、キャットエサ断ちが効いたのか、原因は不明。



元ドルジだったもの更新。



6月8日

安否確認の電話をもらったオメガれすこんばんはそんな頻繁に秋葉に行ってると思われてんのかOTL



露出女とかエアガン乱射あたりでネガティブなエネルギーが蓄積されまくった感じでもうリーチ入ってるも同然のような秋葉の歩行者天国だったわけだが、これらのバカ騒ぎとその過熱報道がなければ今回の犯人は別の場所を通り魔の現場に選んだのではないかと思ったり。

6日に行ったばかりだけど(水槽用にファンを買いにいった)、最近は滅多に秋葉には行かなくなりましたよ。行っても用事だけ済ませてとっとと帰ります(それも土日はなるべく避けて)。最近は観光客とハメ外したヲタばかりで不快っすわ。



足立水産センター日誌

ヒナハゼの一匹が落ちた。朝、エサをやってたら赤虫が落ちていっても反応しないヒナハゼを確認。しばらくして水面に浮いてきたりひっくり返ったりして昼頃に絶命。そいや実家から戻してから変な感じだったもんな。実家からの移動で掬うために流木だのを水槽から取り除いて捕獲してたらヒナハゼが一匹足りなくて、気づいたら取り出した流木の孔の中に居たらしくそこからはい出した状態で発見して慌てて水中に戻した訳だが、その短期間の酸欠が問題だったと思われる。今日まで生きてたのが不思議に感じられるかもだが、馬橋水産センターでギルを導入した時も同じような事故が起きていた。あの時もインターバルを置いて魚が死んだ。ともあれ合掌。

ミナミヌマエビも一匹死亡。これは食われたっぽい。犯人はおそらくシマヨシノボリ。近日中にドジョウ水槽へ移動の予定。こないだついにニジイロボウズハゼを追い払ったもんなあ、シマヨシノボリさん。強くなりすぎたな。ドジョウ水槽でクイーンと対決してくれ。



6月7日

リアルで軽く鬱入ってるんではないかと自身を疑ってるオメガれすこんばんは。



開発日誌

外注が上がってくる前にやれることがたくさんあり、それらを一つずつ潰していく。ハイギヤ、全体の動作の高速化等をこなすが、思いのほか時間がかからず結果が得られる。今までの遅い動作は一体何だったんだろうと思えてくる。御徒町で実験の最中に仕事を持ち込まれ、本来のプログラムではできない加工のオーダーがあり、即席でプログラムを部分的に書き換えて解決。



足立水産センター日誌

ネットで注文した照明が届く。現行の15W単発(こないだ20って書いたけど間違い)から20W*2になり、ものすごく明るい。さらに15W単発も設置する余裕があるので3灯状態にもできる。モスジャングルをもう一つ作らないと現行のジャングルのトリミングが難しいので、今回の光量アップでジャングル化促進を期待。

帰ってきたシマヨシノボリ vs ニジイロボウズハゼが最近の見所。移動のショックがまだ尾を引いているのか、シマヨシノボリはまだ本調子ではない様子。それでも一方的にニジイロボウズハゼに追われていた過去とは違い、接触はしないものの距離を置いて睨み合い状態になることしばし。水槽のボスの入れ替えは果たしてあるのだろうか?

底物、ウワモノ、エビ系全体的に問題なし。ただエサの量が尋常でないのでろ過が追いついてるかだけ心配。久々に水質をチェックしたらほぼ問題なし。エビが元気に暴れてる(盛ってる意味で)ので大丈夫だろうと思いたい。



ものっそいダークなdubとかあったら教えてください。



6月4日

やっと肩で風を切って歩けるオメガれすこんばんは関東限定だけど。



ドルジ更新。



足立水産センター日誌

水槽の照明は学習机用の蛍光灯スタンドをバラしたものを使用しており、20Wが1発のみ。もうちょっと明るくしたい。以前草加のショップで安い2灯式のを見た記憶があるのでウエブ(通販ではなく、あくまで在庫表)で調べるとやはり安い。釣りに行く前に草加まで行く。しかし品切れ。しかも一部商品はウエブの価格表記と違う気がする。どうなってんだこれ?



開発日誌

最近仕事をさぼり気味だったのでそろそろ本気出さないとね。



6月2日

最近のアレルゲンが乾燥赤虫であることが判明したオメガれすこんばんはこりゃ困った。



土日は葬儀の受付にかり出されておりました。半分親の手伝いで、半分は故人のことを思って手伝った訳だが、それにしたって喪主サイドから1円たりとも謝礼が出ず、親が代わりに出すとか言い出すのでそれは断って、この場を持ちまして喪主サイドに不快感を表明するのであります。

塩沢兄弟が昔のこと語ると面白くて、孤立しそうな食事の時間が楽しいものに変わってありがたし。



足立水産センター日誌

実家に預けていたシマヨシノボリとヒナハゼとアルビノドジョウを連れ帰ってきた。アルビノさんはブクブクに太って巨大化してたので問答無用でドジョウ水槽に。プレコさんも暴れるのでドジョウ水槽へ移動。ハゼ類はメイン水槽へ。シマヨシノボリもそこそこ大きくなってるのでちょっと心配だけど、実家でヤマトを食った形跡がないので様子を見つつということで。移動のあった個体はどれもまだ安定しませんな。実家水槽が寂しくなるといけないのでそちらに新たにシマドジョウを3匹投入。

コリドラスハブローススが元気すぎてうるさいくらい。えさ場からもっとも離れたガラス面でずーっと上下往復運動を繰り返してる。疲れないんだろか。コリタブを入れても自分で崩して食べることはせず、時間が経って崩壊しはじめてから周囲に散った細かいのをつまんで食べてる。

ウワモノ不在時期に散々悩まされた水面の油膜が今は嘘のようにキレイさっぱり。

帰国してからメイン水槽に来た新人の数を数えてみたら27。多いな。でもバランスは取れてるので大丈夫と思いたい。







珍来で麻婆豆腐定食をオーダーして待ってる間に、少子化対策と景気刺激とニートの就労意欲対策を一気に解決するエレガントな政策を思いついた。国が合コンを主催するのだ。

参加資格は20歳以上の未婚の男女で、6ヶ月以上継続して職に就いてること。参加費は全て国が負担。面子は国が調整。年間参加回数に制限あり。国家的行事であるため、会社が参加を妨げるような業務指示を行った場合、会社はペナルティーを払わなければならない。骨子はこれくらい。

正々堂々と残業もせず合コンに参加できて、しかもタダ。これならタダ飯・タダ酒目当てで参加したっていいでしょ。会場は国が指定するけど、年収に応じてランク付けでもしておこうか。税金を多く払ってる人ほど高級な店に行けて、最下層は白木屋で充分と。

男女の出会いの場を増やすことで、単純に晩婚化に歯止めをかけ、少子化を食い止められる。そこまでいかなくても、カップルができてデートでもしてくれりゃレジャー系も少しは潤うし、合コン会場の飲食店も潤うし、そもそも合コンに行くのに少しは身なりをよくしようとするだけでもいくらかの消費を生むわな。

ニートはこの行事に参加できないけど、参加するために就業しようと思う奴も出てくるだろうし、そもそもニートのまま来ても相手の印象が悪いわな。ニートも来ると分かってりゃ参加意欲も削がれるし。ランク付けにしても少し差別的かもだけど、がんばった分はきちんと見返りが来るよというニュアンスの刺激ならどれだけあってもいいと思う。

先行きの不透明感ばかり言われるけど、あらゆる負のスパイラルの元は少子化な訳だ。その子供を産むであろう世代を刺激せず、年寄りの保険費がどうとか年金が何だとか議論したって何も先が見えてこない。明るい見通しが立ったら出生率が上がるのか、出生率が上がるから見通しが明るくなるのか、ニワトリが先か卵が先か。この場合どっちが先でも後は付いてくるよ。でも出生率が低いまま明るい見通しって難易度高いと思うなあ。

ていうか誰か合コン誘ってくんねーかな?