10月14日

やっといろいろが心配になってきたオメガれすこんばんは。



昨日の13日は個人的には恐らく今年最後の釣り。ドルジっ娘クラブの関東の3人で三島で午後から。山形以来久々の釣り。連続で得ていた現地の状況も途絶え、ネットでの下調べもなく、さらに通年のパターンの知識が最も欠落している時期で苦戦の予感。一本釣れれば満足か。オメガとう2はフローター、たけちりは丘釣り。

現地で他の人に訊くと急に増水してシブくて(恐らく朝から)ボートでやって15時頃で3本とのこと。トップ、ミノー、クランク、スピナーベイト、カットテールジグヘッドなど得意なものから定番までローテーションさすがトップで若干ギルの反応があった以外は何もなし。う2も同じく。う2が「ワンド奥へ行ってみる」というので付いていくが、進路がA方面だったので途中でBC方面に切り替える(う2も)。やはり今年一番楽しい釣りをさせてもらったBC方面を最後に見ておかないとね。16時を過ぎ、わずかに活性のようなもの(1回きりだけどボイルがあった)が出てきた。BC間の小ワンドの奥へ行ったう2がヒット。バレットネコで40cmを釣る。直後、またボイル。トップで釣りたいのでマイクロを投げ倒すと岬の近くで出た。小さかったが充分に嬉しい27cm。エントリポイントに戻るとモジリが出ていた。その近くのブレイクの上をマイクロで引くと出て乗らず、また出てルアーがはじき飛ばされて乗らず、それでも落ち着いていたので動かし続けていると今度は静かに確実に食ってきた。サイズアップで37cm。パワー充分でマイクロのトリプルフックの前後どちらも針が一本ずつ折られた。う2もトップでかけたが18cmのギルちゃんだった。17時半前にあがり。たけちりはここ数年不調なダムサイトに行ってしまってたらしく、途中からギル釣りして遊んでいたらしい。


恐らく今年のラストフィッシュ

今年は開幕からラストまでいい釣りができた。シーズナルパターンを初春から7月頃まで細かく把握できたし、新しいルアーの使い方も習得できた。去年までよりはるかに数・サイズとも釣れるようになった。早くも来年の開幕が楽しみだ。



夕方からやっとスーツケースに荷物を詰め込む。服の適量が分からず困る。服と最低限の身の回り品、thinkpadやらiPodやら、本を何冊か、パスポートに国際免許に航空券に電子辞書、これで荷物はおしまい。スーツケースの40%くらいはカラッポ。かといって何か無駄なものを持っていく気もしないし、これでいいのかちょっと心配。後々必要になったものは現地調達の予定。ただしハブラシだけは国内であってもデンターシステマのレギュラーふつうを指名買いなのでこれだけは先に買って持っていく。

明日、成田を1555の便で発ちます。次はいつ更新できるか不明ですが、それまでさようなら。ここの更新ができなくても掲示板に何か書くかもです。



10月12日

未だにスーツケースが空っぽのオメガれすこんばんは。



渡米前に実家に。いろいろ作戦とか相談とか。不在の間のどじょうのエサ当番(半月に1度)を妹にお願いし、帰りに新居まで連れてきて部屋への侵入方法やエサのあげ方を説明。ついでに新居を見てもらうと、いつも俺のやることに対しては手厳しいコメントをする妹もいい評価をくれた。特に照明関係はインパクトがあったらしく、自分の部屋もいじりたくなったのか明日どこかへ照明器具を見に行くと言っていた。先に引っ越した妹が言うには、部屋いじりに飽きた時点を境に部屋が枯れてくるらしいので気をつけなければならないらしい。とりあえず今は増強より不要なものの売却や廃棄を完了させたい。それらの占有面積が侮れなくて、まだ部屋が狭い。



引っ越し日誌エクストラ。

貧乏世帯の引っ越し時の買い物の順序。先に100円ショップと1000円ショップを見ておく(見るだけで買わない。品質と値段の程度を確認)。家具とかはネットで見ておく(どのような家具が必要になるのか、タイプ・サイズ・価格帯を見積もる)。続いてニトリで買い物。続いてホームセンターで買い物。続いて先に見ておいたもので納得できるものを購入。最後に一点豪華ものとかは好きなとこで好きなように購入。メタルラックはニトリでも置いているが、オプションが圧倒的に足りないのでメタルラックを細かくいじりたいならホームセンターで購入したほうがいい。

ちなみに今日もメタルラックのオプションを購入。どじょう水槽ラックが三角脚を使用しているにも関わらず押すと揺れるので、余ってる棚板を活用する意味も込めて30cmの延長バー4本と突っ張りユニットを2本追加。奥側の2本だけ突っ張るだけでもかなり揺れが減った。大地震どんとこい。くるな。



部屋の熱が逃げないので今日の昼で29度、真夜中の現在窓を開けても23度あります。部屋にいるときはほとんどTシャツにパンツ一枚です。馬橋の怪人が晩秋でもパン一で寝てるとか言ってた理由が分かりました。



10月10日

さよならビッチオメガれすこんばんは。



ほんとうにやることがない。会社には動かせる機械はないし、急いでやるべき事項もほぼ片付いたし。とか言いつつまだスーツケースの中はカラッポなわけだが。









10月9日

電子手帳はマムコムPよりお借りすることができましたのでこの場でお礼を申し上げるオメガれすこんばんは本当に助かりましたありがとうございます。



朝になったらrevoが復活してる。昨夜みたいにビープ音がしない。日本語環境のインストールもできた。まるでてんかんの発作が一切なくなった昔の俺のようだ(って幼すぎて発作の頃の記憶とか一切ないけど)。これなら5kの辞書でいけるか。でもバッテリ関連に若干の不安あるし、もしかして外神田のPDA中古関連に何かが格安で投げ売られてたりしないかしら? 外神田に相談だ。久々に外神田へ。

電子辞書は中古でも10k超えばかりだな。ついでにiPod touchを初おさわり。すんげえ好感触。つかこれに辞書入ってりゃ即決で買うのに。後々アドオンで出そうだが今なければ意味がない。別の場所でem one発見。ほとんどモックだけと一台だけマジモノがあり、いじってみると辞書プログラムが入ってる。ポップにはお家の10MのADSLが追加1500円で加入できるよと。一瞬キタコレ!と思ったけど、冷静に考えるとem oneみたいなモバイル機器は半ヒキのオメガには無用だし、辞書の動作がやたら遅いのも気になったのでカタログだけもらって帰宅。駅から歩いてる途中、revoの辞書が渡米までに届くのならオーダーしてしまおうかと考えてたその時にマムコムPからの着信履歴を発見。速攻でかけ直すと「サイト見た、遊んでる電子辞書あるから貸す」とありがたいお言葉。おー、ぎりぎりで助かった。これにて辞書問題は一件落着。でもって久々にまともに動くrevoをいじる。ちょっと楽しい。でもtouchとは隔世の差。



引っ越し日誌最終回。

役所で移動の手続きしてきた。旧宅はエアコン以外一切残っていない。荒廃した旧宅の部屋を最後に眺め、申し訳ない気分になる。7年強、おせわになりました。

最後に、今回の引っ越しから自分なりにまとめを。

まずは部屋を出るまで。とにかく片付けが大変だと思う。でも片付けを行うのに必要なのはたったの3つのことだけ。

1.時間の確保。今から2時間片付けしたら風呂入ってビール飲んで寝るって感じで、片付けを行う時間を確保し、手をつける前にその時間でどこからどこまでやるのか大雑把に見積もる。あと最低限の片付けに必要な道具も確保(荷物をしまう箱とかカッターとか刷毛とかビニール紐とか)。

2.鬼になる。よく言われる「居る・不要・保留」の分類作業を行ううち、保留が足をひっぱるので鬼にならなければいけない。もうお別れしなければならないけど、心理的に捨てることに抵抗があるもの(ぬいぐるみとか大好きだったおもちゃとか)は最後に記念に写真を撮ってお別れ。まだ使えるけど自分には不要なものについては、中古屋・オークションで一定額以上で売れる>知人・家族に引き取り手がありそう>誰もいらない、の順に分けて誰もいらないものはまだ使えるものでも処分。

3.とにかくはじめる。池谷の『海馬』にもあるけど、脳にはやる気神経ってのがあって、それを活性化さすには、とにかく何でも作業をやらないと活性化しないらしい。大量の荷物を前に愕然としても、実際に手をつけはじめると思いのほか手が続く。

自分の元の部屋を知る人は容易に想像がつくだろうけど、片付けの作業は本当に大変だった。でも作業中は苦しいとかもう嫌だとか腹立つとかネガティブな感情はなかった。ただ最後4-5年のほとんど掃除・片付けをしてこなかった自分の怠慢と黙々と闘っているだけだった。作業中の脳内テーマソングは「映像の20世紀」のオープニングテーマだったことが多い。

ネガティブな感情はむしろ外で生まれた。審査で蹴られたとか、大切に読んできた本を安く買いたたかれたとかだけではなくて、もっと大きな世間との断絶のようなものをsmartで移動中に車内で感じた。世間ではむやみやたらに光が瞬いてるけど、そのうちのほとんどが自分のためになど瞬いてはいないのだ。多くの場合、お金を介さないとそれらと関わりを持てないし、その関わりすら瞬間的だ。自分を受け入れてくれる世間などあるのだろうかと考えると、ぞっとした。

人は住宅の専有面積が2/3になったくらいでは大きく困ることはないことが今回判明した。狭くなったらなったなりに何とかするものだ。生活導線とそれに必要な面積、荷物を置くのに必要な面積さえ分かれば物件の間取りの問題はほぼ解決する。

どんだけ片付けてあたまわるい照明とか付けて喜んでても、誰も部屋を訪ねてこないと空しくなることが今回判明した。



もうかなり前からだけど、FZ18は人気過ぎてどこも品切れでとても渡米前には手に入りそうにない。R1Vでがんばってきます。いつまで続くこの手ブレ地獄!



10月8日

どじょうの水槽が部屋の中心となってることに今気づいたオメガれすこんばんは。



渡米前に心配事が一つ。英語だ。最低限の会話には困らないつもりでいるが、受験英語すらまともにやってこなかったので単語が分からない。英和、和英の辞書が欲しい。thinkpadにプログラムをインストールしてもいいが、常にthinkpadを持ち歩く訳でもなく。いわゆる電子辞書を近所の電気屋で見てみると安いので12kくらいのがある。とりあえず買わずに帰宅しウェブで調べるがあまり値段は変わらない。もっと安くならないか。しかもキーボードはマシなのが欲しい。部屋を見渡してるとpisonのrevoが目についた。これだ。

一昔前のPDAで、ヤフオクで売るつもりだったが引っ越しの忙しさに負けてまだ売ってなかった。これ用の辞書プログラムが5kくらいで売ってる。ただし日本語環境のver2が必要になる。何故かrevoにはそれがインストールされたなかったので今更インストール。そのCD-ROMの入った缶ケースをパンツ一丁で探しまわること30分、やっと見つけた。thinkpadにpsionの通信プログラム等をインストールし、psionに日本語環境をインストール。30分くらいかかるので待つ。もう少しで終わりかというところでエラーメッセージ。revoを見ると画面が消えてる。電源を入れてみるとビープ音が鳴りだして止まらない。裏のリセットスイッチを押し、少し待って電源を入れるが違うビープ音が鳴ってリセットするまで止まらない。ダメだこりゃ。やっぱり電子辞書買うか。誰か電子辞書を持ってて持て余してたら貸してください。



引っ越し日誌。

実はまだ旧宅に荷物が残ってたりした。それらをsmartで二往復し新居へ運ぶ。これでもう旧宅にはエアコン以外ゴミしか残ってない。明日不燃物を出して残りのゴミを持ち帰ればあとはエアコンを移動するだけ。やっと終われそう。長かったなあ。

新居でイスを設置したが、今度はPCエリアの絨毯が足りなくなった。これではイスのタイヤで床に傷が付く。しかし、そもそもPCのテーブルとイスでどれだけのスペースが必要だったのか分かってなかったので絨毯は30*30cmの自由に組める絨毯を買っていたのだ。それを3*3で敷いていた。横幅は足りるが奥行きがイスの分足りなくなった。3枚買い足して3*4としたら落ち着いた。

パイプベッドの足も床に傷を付ける候補だ。引っ越し時に会社から少しもらってきた業務用硬質スポンジを足に貼ってみたが、今日まであまり落ち着きがない。垂直の力には強いが、横から力がかかると貼った面がズレたり外れたりする。20*20cmの合成ゴムの防振パッドを買ってきて4分割し、足の下に敷く。スポンジと大違いでもの凄く安定する。こりゃ正解だ。

売るべきものを売るタイミングを失したし、ネット環境すら構築できない。新居ライフのことだけを考えると、渡米の予定がもの凄く邪魔に感じる。



10月7日

むしろmeiko派のオメガれすこんばんは。



引っ越し日誌。

日常生活を送るのに不便な点はほぼクリアされたので引っ越し日誌的なネタはもうなさげ。昨日はレーザー当番だった。今日は予定なし。一日まるっとゆっくりするつもりだった。しかし朝起きて気づいたら引っ越しのために他のチャンネルを閉じてしまってて、興味関心が相変わらず部屋関連にしか向かない。部屋を眺めてるだけで部屋の無駄を発見し片付け直したりレイアウトをいじったり。ベッドとメタルラックの間にある5段ケースが天板以外仕事をしていないので移動を決定。代わりに天板になるものが必要になった。それも含め、今日はなくても困らないけどあるとハッピーなものを見に行くことに。自転車で亀有のarioへ。

francfrancとambienceという店が並んでいて、コジャレた家具だの日用品がある。前者は見ていて楽しいが濃すぎて部屋に置くのが難しいものが多い。お値段もニトリの3倍以上で簡単には買えない。後者の店も似た感じだが濃さと値段は少し低い。ここで頭悪い感じの照明器具と枕カバーと箸を買う。照明は4割引でお買い得(ただし電球は別売りだったが旧宅のトイレの電球のスペアが残ってたのでそれで事足りた)、枕カバーはニトリの1.5倍だけどニトリにはないデザインで納得、箸は今まで散々探してやっと見つけた金属製のもの。しかも安い(262円)ので二膳購入。

arioで買ったものが入った大きな紙袋をガンガン蹴っ飛ばしながら自転車で島忠へ。メタルラックの小さめの棚1枚と60cmの枠一本を購入。小さい棚は二カ所だけ固定してラックの外側に宙づりにする。これが5段ラックの天板の代用となる。60cmの枠もラック自体は74cmだから本来はサイズ違いだが、これも片側のみ固定とし、そこを軸にして動くようにする。フリーの先端側にambienceで購入した頭悪い照明を吊るす。この可動式照明は、食事の時はテーブルを上から照らし、ベッドに近づければ読書ライトになり、不要な時はメタルラック本体に沿わせておけば邪魔にならない。とっさのアイデアだったけどうまくいった。


中段右のやたら明るいのが頭悪い照明。この写真だと潰れて頭の悪さが見えないね

最近コーヒーからお酒までほぼ全部を金属のマグカップで飲んでいた。どうやら自分は金属の食器の感触が好きらしい。ずーっと使ってきた箸は漆塗りのものだが、先端の漆が剥げてボロボロだ。引っ越したついでに箸も交換しようと思い、100円ショップだのホームセンターに行く度に箸のコーナーを見て回り、金属製の箸がないか探した。でも全然ないのな。金属製の箸なんて韓国系の冷麺を食わす店でしか使ってないのかと諦めかけてたとこで今日やっと発見。うれしかったなあ。さっそく今日の晩飯から使用してみたけど全然問題なし。ちょっと重めの重量から歯にコツンと当たる感触まで最高です。

PCデスクで使うためにイスも購入していたが、ベッドとPCデスクの間が狭すぎてイスの入る隙間すらなく、イスは組み立てもせず箱のまま放置し、ベッドに座ってコンピュータに向かっていた。今日5段ラックが移動した影響でPCデスクとベッドを少し離すことができたので改めてイスを設置。かなり狭い場所に無理くりにイスを押し込んでいるので狭苦しいがベッドに座ってのPCニングよりかは遥かに快適。高さも微妙にいじれるし背もたれあるし。



10月5日

落ち着いてきたので夜になってビールなんか飲んでるオメガれすこんばんは。



引っ越し日誌。

4日。今日は国際免許を取得する予定。前日のうちに国際免許用の写真を撮っておき、江東の免許センターへ自転車で向かう。これが大失敗。免許の試験を受けにいったときと同じく荒川のサイクリングロードを走る訳だが、トンボだらけ。他にも小さい虫が大量に飛んでいる。しかも走り出してすぐに大きめのトンボが鼻に当たってけっこう痛かったので萎えるわ恐怖心で走るのが辛いわで散々。

少し道に迷って免許センターに到着。手続きしようとすると若干の問題が発生したが、担当官の粋な計らいによって特別に申請を受け付けてもらえた。手続き自体はかなり早く、実質10分くらいで終わった。社長には「朝に行けばその日のうちにもらえる」と言われてたのである程度時間がかかると思ってたのに、これなら夕方に来ても間に合ったな。

免許センターの近くにニトリがあったので寄ってみる。ニトリSUGEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!! 超広い店内にたくさんアイテムあって安いの多くて最高じゃないですか。こんななら最初からニトリに来ればよかったですわ。というわけで一旦チャリで帰宅しsmartで出直し。3Fの駐車場にsmartを入れるがガラガラ。こんななら最初からsmartで来てニトリに置いて免許センター行けばよかったですわ(あかんやろ)。

いろんなものが安いので目についた必要そうなものを片っ端からカートに放り込んでいく。カーテン・シャワーカーテン一式・クッション2つ・クリップライト・ベッドカバー・編みかご・マグカップ2つ買って14.5kくらいとお値段以上価格! カーテンが6kだったので、他のものがいかに安いか想像できると思います。ちなみに今までカーテンがなかったので窓の半分はロールスクリーンで、残り半分はお座敷展のときに買ったカーペットカバー(fourのジャケ参照)を使って目隠しにしてた。引っ越しを手伝ってくれたBros.Dが「この部屋は絶対にカーテンつけてください」と言っていたので、引っ越しのお礼にカーテンを購入した(自分のものやんか)。ちなみにカーペットカバーによるカーテンはDに言わせると「ヒッピースタイル」なのだそうだ。

ニトリで買い物中に旧宅の不動産屋のおばちゃんから電話が。「ちょwwwwwwおまwwwwww、引っ越しどうなってんの? もう移動したの? 9月の家賃まだ払ってないでしょ? 10月分も半分でいいから払ってほしいのよね? お金ないの? あ、『お金ないの?』って言っちゃったwwwwww、とにかくよろしくね」と。お金はないことはないんだけど、忙しかったのと優先したい分があったので旧宅の家賃は後回しになってしまってた。最後までごめんなさい>旧宅の大家さん



引っ越し日誌2。

5日。今日は予定がいっぱい。大昔に降雪により破壊された洗濯機をご丁寧に今までとっていたのでそれの処分。事前に業者に引き取りを依頼したが、今日の午前のいつくるかは分からない。9時前ということもありうるとのことで、10分前くらいに電話をもらうことにしておいた。8時に起きて新居サイドのゴミ出しとかをしてると8時半に電話あり。さっそく旧宅へ。5020円かかって古い洗濯機を引き取ってもらった。

続いてCATV足立の撤去作業員が来る(午前予定)のを待ちつつ部屋の片付けを行い、合間にコンビニで金を降ろして大家さんに払いにいき、経緯を説明し謝罪とお礼と。大家さんは30日に突然外の洗濯機(新しい方)がなくなったので盗まれたのかと思って心配していたらしい。ほんとすんません。10時半、片付けも一段落しちょっと心配になったので電話でCATV足立に問い合わせてみると「本日の予定と承ってますが午前とか午後とか聞いてないよ。作業する業者に連絡させるわ」と最後まで対応の悪いCATV足立。新居に戻り、ニトリで買ってきたものを取り付けたりで時間を潰す。不動産仲介業者より「ハンコもらい損ねちゃってる書類があるので悪いけどハンコ持って来てくれ」と。近所なので速攻で行って済ます。問い合わせから1時間半、やっと業者から連絡あり、13時半から作業開始したいとのこと。

会社の車を借りて13時半前に旧宅へ。業者の撤去に立ち会いつつ、今日予定の持ち込み粗大ゴミ(足立区のシステムで、区民1世帯あたり年度に2回、1回につき10個までの粗大ゴミを無料で持ち込める。家電リサイクル対象品は対象外)を車に積み込む。屋内の撤去作業のみ立ち会い、屋外はお任せしてゴミを指定業者に持ち込む。既に何を持ち込むかは先方にリストで伝えてある。それを確認しながら荷物を降ろす。業者が「あれ、水槽は?」と。あ、積み込み忘れたwwwwww、えー、ここまで段取り完璧だったのに、やっぱり疲れてるのか注意力散漫過ぎ。水槽だけのためにもう一往復。さらに社長から「mから部品が仕上がったとの連絡があったから作業終わったら引き取りに行ってよ」と連絡あり、mに行ってみたら部品は1つしかなく、残りは渡米前に間に合わせるよとのこと。社長とmとで話がかみ合ってなくて俺無駄足。とにかく疲れてフラフラ帰宅。



ADSLの工事日を決める書類がきたけど、書類に記入して提出した日より12営業日以後を工事希望日に指定しろとのこと。渡米は15日で確定してる。ということは、間に合わねえwwwwww



10月3日

今夜は"river"でiTunesを検索再生してるオメガれすこんばんは。



引っ越し日誌。

新生活3日目にしてついに恐れていたものが出た。Gではない。出てきたのは「生活感」だ。殺伐と置かれていた雑多な荷物を少しずつ片付け、部屋の中央に小さなガラステーブルを置いて、PCデスク周辺には生活小物だのコーヒーカップ(三菱のマグカップ)だのが置かれ、気づいたら生活感ありあり。でもこれって、生活感がない=殺伐としてるってことなのか? ちなみにGなら引っ越しした夜に出た。水槽の手入れをしていたら極小のがいたので即消去。恐らく荷物にまぎれて持ち込まれたのだろう。あーこわ。部屋は気密性が高いので除湿しまくれば他に潜入していても長生きはできまい。実際に風通しがよくないので除湿器はかなりの時間稼働している。

今日は昼に起きた。疲労の蓄積が尋常でなく、昨日までの作業で見通しも出てきたので少し余裕がある。それでも午後一からあちこちに電話して各種手続きとか予約とか。ハラが減ったので近所にできたばかりのすき家へ行く。その後、近くの書店で本を購入。そこでふと気づいた。そいや仕事と引っ越し関係以外のことをやるのってかなり久しぶりではないか。ただ本を買っただけなのに、妙に新鮮な感じ。ちなみに買った本は『ぼくには数字が風景に見える』/ダニエル・タメットで、何故か表紙の画が100%ORANGEなのがワロタ。著者は、こないだここでも書いたNHKの地球ドラマチックでも取り上げられてた人で、サヴァン症候群でもずば抜けて能力が高く、それでいてコミュニケーション能力も十分にあり、自身のことを客観的に話せるという希有なひと。

本をかなり減らしたが、それでもまだ本が多い(今日も買ってるし)。ホームセンターで新たにプラケースを追加購入。今度のは少し大きめでベッドの下には入らないが(既にベッドの下はケースでいっぱいだ)、クローゼットの奥行きと長さがピッタリなもの。コロ付きなので本を詰め込んでも移動が楽。引きずって床を傷つけることもない。そのケース2つに、普段はあまり読まないけど捨てられない本を詰め込んでクローゼットに押し込む。amazonの小さめの段ボール箱のいくつかに本を入れていたが、これで段ボール箱をつぶすことができる。他にも新規家具を梱包していた箱を片っ端からつぶしてまとめる。それにしても、片付いてくるにつれ得られると思っていたスッキリ感が出ないのは何故だ?

8月頃にあるものを気に入ったので衝動買いで2万で買って、何気にオクで見たら落札が4万超えてたりする。自分のもまだ新品未使用状態なので売れば儲かる。家族に話をしたら「それなら急いで売りなよ」と言われた。引っ越しによる資金難対策のヤフオク出展リスト第一候補だったわけだが、写真を撮り、出展手続きをしている途中で気が変わって出展をやめた。別に転売したくて買った訳ではなく気に入って買ったものだし、時期的なものなので今売らないと得られたであろう差益を損したような気もするがそれは実質的には損ではないし。その昔、友人達と話をしてて、何故か岡田由希子の話題になって、一人が「俺、ブロマイド持ってるよ」と言った。みんなが「それ価値あるんじゃないの? 売ったら儲かるよ」と言ったが、当の本人は機嫌を悪くして「この話をするとすぐそう言われるんだよな」と怒っていた。本人は筋金入りのファンだったのだ。今日、彼の気持ちが少しわかった。



10月2日

疲労の激しいオメガれすこんばんは。



引っ越し日誌。

引っ越し当日の30日は終日雨。ツイてない。朝8時に起きて片付けしまくり。14時にBros.Dが手伝いにきてくれるので一旦会社に車を取りに行き、Dを駅前で拾って搬出・搬入開始。洗濯機・冷蔵庫・組み立て式クローゼット・パイプベッド・水槽あたりが面倒だったが近いのである程度詰め込んだら移動して降ろしての繰り返し。全部で5往復くらいか。クローゼットの搬入でけっこう苦戦したが壁紙にはダメージを与えず搬入できた。メタルラックとベッドと照明をDに手伝ってもらい設置。夜のバイトのためにDが帰った後に自力でPCデスク・オーディオアンプを設置。トラブルといえばHDD・DVDレコーダを車から落としたくらいか。とりあえず夜になってつないだところ録画してた番組は見ることができたので一安心。他掲示板で報告したこととか。ともあれBros.Dがすんげえしっかり仕事してくれたので非常に助かった。感謝。全身の痛みが激しかったので、疲れていても寝付きが悪かった。


散らかりまくりだけどとりあえずは眠れそう

翌日10/1は全身の痛みで目が覚める。あまり無理をしないように、体力のいらない部分から片付けをする。旧宅から持ち込んだメタルラックの棚の高さを変更したいがガッチリ組んでしまってるので、近所のseiyuまでメシを買いにいくついでに100円ショップでゴムハンマーを買う。午後からsmartでホームセンターに行き、ocr2を高い位置に固定するための一式を購入。どうにか高いとこに吊るす。ギターも一本だけだがメタルラックに吊るせるようにした。電気・水道・CATV足立等に電話でそれぞれ手続きとか。実家に持っていく荷物をsmartに積み込んで実家へ。晩飯をいただきアレコレ報告して帰宅。でもまだ旧宅に荷物が残っているので少しでもsmartに積み込んで新居に移してからsmartを会社に戻す。服を脱ぎ捨てにしたくないので、ポールハンガーを組み立てておく。


ベッドの足下の位置に。思ったより収納効率はよくないっぽい

今日10/2は朝から旧宅へ。不燃ゴミの日なので部屋にあった不燃系のゴミ袋を全部出す。まだ残ってる荷物をまとめて、後でsmartで新居へ。smartを会社に戻し、ヤマダ電気で電源タップと2mのアンテナケーブルを購入。しかし2mでも当初予定してた場所に微妙に届かず予定を変更。これならアンテナケーブル要らんやん。やっとレコーダが地上波を受信。ところがダブルチューナーのうちの片方が受信しない。おそらく落下の衝撃で壊れたのだろう。とりあえずシングルチューナーとして録画もできるので地上アナログ終了まではこれでいこう。

洗濯機は初日に置き場所に置きはしたが、まだ使える状態ではなかった。洗濯機の排水が右側、設置場所の排水受けが左側にあり、どうすればいいのか悩む。洗濯機のマニュアルが片付けのときに出てきてたのに、移動したら見当たらなくなった。とりあえず洗濯機の裏側を見ようと洗濯機を傾け、洗濯機の角を壁に立てかける。壁に傷がつかないようにタオルを間に挟む。その状態で排水パイプを外せないかガタガタやってると突然ガターンと洗濯機が倒れた。恐る恐る壁紙を見ると見事に一部がやぶけてた。やってもうた。これ、出るときいくら取られるんだろ。とりあえず洗濯機を起こし、ウェブで機種名を調べるとマニュアルダウンロードページがヒット。そこからPDFを落として確認すると裏返す必要もなく、適当に右の排水溝を左の受けにつなげばいいだけだった。段取りをミスった(マニュアルが見つからなかった時点で無理せずウェブでマニュアルを見ておくべきだった)。さらに洗濯機ラックが届いたので設置。排水パイプとラックの梁がぶつかって微妙に安定しないのが腹立つ。とりあえず洗濯できるようになって一安心。でも壁紙を見る度に凹む。

電話で粗大ゴミの持ち込みの予約を取り、エアコンの引っ越しの見積もりをとる。夜にガラステーブルを組み立てた。まだまだ荷物だらけの部屋だが、とりあえずこれで来客があってもお茶くらいは出せるようになった。